秀衡塗工房 丸三漆器/秀衡塗/漆器/岩手県

詳細情報

秀衡塗と丸三漆器秀衡塗と丸三漆器
栄華を極めた平泉文化の象徴
「秀衡塗」の呼称は、中尊寺やその周辺に昔から伝わる「秀衡椀」からとったものです。「秀衡椀」は大振りな三ツ椀の入れ子椀で、その文様に特徴があります。椀の上部には雲形を描き、金箔が貼られ、その間に草花や吉祥の図柄を配したユニークなものです。

平安時代末期に平泉で栄えた奥州藤原氏第3代当主・藤原秀衡が京より職人を招来し、この地方特産の漆と金をふんだんに使い、器を造らせたのが起源とされています。 また一説には、さらにさかのぼり延暦(782年)年代からこの地を治めていた安倍氏により、中尊寺のすぐ裏手にある衣川増沢地区で仏具や武具などの漆製品の製造が行われていたとされています。

1871年(明治4年)増沢地区に奥州藤原氏の流れをくむ川連漆器職人が秋田より招かれ増沢塗が成立。
1935年(昭和13年)には民芸の父と言われる柳宗悦による調査により、増沢塗職人が秀衡椀を秀衡塗として復元し広く作られるようになりました。しかし、増沢塗職人は1955年(昭和30年)の衣川ダム建設に伴い平泉町の周辺に散在してしまいます。

100年を超える伝統と受け継がれる技

丸三漆器は1904年に初代・清之助が「丸三漆器工場」として創業。
以来、職人の手から手へ秀衡塗の伝統を守り受け継いでいます。

初代・青栁清之助が「丸三漆器工場」を創業。
社名は本家の屋号「丸二」に由来しています。
清之助は12歳から衣川・増沢にて漆塗りを習得。清之助が19歳の時に、御膳を木地から製造する漆器製造元「丸三漆器工場」を創業しました。
当時は、御祝事や法事を各家で行う習慣があったことから多くの需要がありました。36歳の時に沈金(塗面に刃物で模様を掘り、金粉を埋め込む技法)を施した「明清塗」を開発しました。


ガラスと漆ガラスと漆
丸三漆器の「秀衡塗」は、初代・清之助より言い伝えられている「いい物を造れ」という言葉をかたくなに守り、木地作りから加飾まで、職人の手造りによる丈夫で美しい真物の漆器です。
その工程は15以上にもおよび、熟練の職人が手間をかけ、丹念に作り上げた逸品です。

~木地作り~

冬期に山から切り出されたホウ、ケヤキ、トチ等の天然木丸太で椀の土台になる木地を作ります。

木地師はそれらの丸太を椀の形に仕上げていきます。漆が映えるよう、使いやすいようにと木地の形や丸み、厚み等を確認しながら仕上げまで丹念に作り込んでいきます。

~下地作り~

仕上がった木地に、漆をしみこませ、木地を固め、継ぎ目に和紙を張り強度を持たせます。和紙は地元で漉かれている東山和紙を使用しています。

砥の粉と漆を混ぜ錆漆を作り全体に塗っていきます。

乾燥させ、耐水ペーパーを使い滑らかに研ぎあげます。下地は次の工程である塗りの仕上がりを左右する工程なので、全行程の中で最も時間と手間がかかります。

~塗~

秀衡塗の塗り面は「塗り立て」、もしくは「花塗」という仕上げ方で、最後に艶出しや研ぎはありません。そのため、空気中の塵や埃が入らないよう細心の注意が必要です。

塗り面に塵や埃が付いてしまった場合は先端のとがった棒を使い「節上げ」という技法で、取り除かれます。

塗り作業は、下塗り、化粧さび研ぎ、中塗り、化粧さび研ぎ、上塗りという工程で仕上げられます。

漆塗りは高度な技術が必要な工程で、漆の硬さ、塗った厚み等、熟練の技と経験を持った職人が仕上がりを想像し仕上げます。

特に乾燥は我や変形の原因になることから、短いものでも1年、長いものでは10年以上の期間を乾燥に費やします。


販売商品


        事業所関連画像

        下地
        下地
        下地
        下地
        加飾
        加飾
        加飾 風呂
        加飾 風呂


        漆
        塗部屋
        塗部屋
        回転風呂
        回転風呂
        木地
        木地



        基本情報

        商号 秀衡塗工房 丸三漆器
        設立 1903 年
        住所 〒029-0523 岩手県一関市
        従業員数 10 名
        取り扱い品目 秀衡塗
        メールアドレス aomct1110@gmail.com

        伝索会員に登録(無料)
        登録するとお買い物が楽になる!
        初めの方へ
          ■登録編
          ■購入編

        買い物かご

        0個の商品が入っています

        カートの流れ