堤焼乾馬窯//陶磁器/宮城県

詳細情報

堤焼乾馬窯堤焼乾馬窯
300年以上の伝統を今に伝える、 仙台・宮城ゆかりの焼物です。
地元でとれる土と釉薬にこだわり、 全て手作業で製作しています。
当窯の作品一つひとつを手に取り、自分だけの宝物を見つけてください。


堤焼(つつみやき)とは堤焼(つつみやき)とは
かつて堤町(仙台市青葉区)一帯に窯場があったことから、その名がついた堤焼。
茶道に通じた伊達藩主の器などを作る御用窯として江戸時代にはじまり、後に甕や鉢、皿をはじめとする庶民の生活雑器を生産するようになって300数十年の歴史を持つ。
粗く優れた地元の土を活かした素朴さと、黒と白の釉薬を豪快に流し掛けた”海鼠釉(なまこゆう)”が特徴で、昭和初期に堤町を訪れた民藝の父・柳宗悦にも東北を代表する民窯として注目され、水甕などが高く評価された。
最盛期には30軒を数えたが、今では「堤焼乾馬窯」が唯一の窯元となり、丸田沢(仙台市泉区)の緑豊かな環境に場所を移して伝統と技を守り続けている。



事業所関連画像

海鼠釉湯呑
海鼠釉湯呑
緑釉湯呑
緑釉湯呑
海鼠釉夫婦湯呑・緑釉夫婦湯呑
海鼠釉夫婦湯呑・緑釉夫婦湯呑
海鼠釉夫婦湯呑(えくぼ)
海鼠釉夫婦湯呑(えくぼ)




基本情報

商号 堤焼乾馬窯
設立
住所 〒981-3121 宮城県仙台市
従業員数
取り扱い品目 堤焼
メールアドレス

伝索会員に登録(無料)
登録するとお買い物が楽になる!
初めの方へ
  ■登録編
  ■購入編

買い物かご

0個の商品が入っています

カートの流れ