丹波立杭焼/陶磁器/兵庫県

生産事業所


概要

丹波立杭焼丹波焼とは
丹波焼は、瀬戸、常滑、信楽、備前、越前とともに日本六古窯の一つ。
江戸時代前期小堀遠州等の指導により、茶入・水指・茶碗など茶器類に多くの名器を生み、直作、一房、花遊、一此の名工がその名を高めました。


丹波立杭焼組合の概要
本組合は、中小企業等協同組合法に基づく事業協同組合であり、組合員の資格は、篠山市及び三田市の区域で陶磁器の製造業及び陶磁器に関連する事業を営む者とされており、現在篠山市今田地区の56人の組合員で構成されています。

イベント名称 時期 場所 リンク
今西公彦 作陶展 12月6日(金) ~ 12月11日(水) 東京都渋谷区 詳しくはこちら
工芸品名 丹波立杭焼
よみがな たんばたちくいやき
工芸品の分類 陶磁器
主な製品 飲食器、酒器、茶器、花器、鉢など
主要製造地域 兵庫県篠山市、三田市、加西市
指定年月日 昭和53年2月6日(国)

伝索会員に登録(無料)
登録するとお買い物が楽になる!
初めの方へ
  ■登録編
  ■購入編

買い物かご

0個の商品が入っています

カートの流れ