秩父銘仙/織物/埼玉県

生産事業所


概要

歴史
10代崇神天皇の時代に知々夫彦命が国造として秩父に来任した際、住民に養蚕と機織りの技術を教えたのが始まりとされる。その後改良されていき、明治中期から昭和初期にかけて最盛期を迎えた。

工芸品名 秩父銘仙
よみがな ちちぶめいせん
工芸品の分類 織物
主な製品
主要製造地域 埼玉県秩父市、秩父郡
指定年月日 埼玉県知事指定 伝統的手工芸品

伝索会員に登録(無料)
登録するとお買い物が楽になる!
初めの方へ
  ■登録編
  ■購入編

買い物かご

0個の商品が入っています

カートの流れ