本庄絣/織物/埼玉県

生産事業所


概要

歴史
農家の娘が普段着として自家製糸を行い、太織りを制作したのが始まりといわれている。その後原料や製法も多様化され、珍絣(ちんがすり)、併用絣(へいようがすり)、偉総絣(よこそうがすり)、解模様絣(ほぐしもようがすり)という製織法も導入されていった。

工芸品名 本庄絣
よみがな ほんじょうがすり
工芸品の分類 織物
主な製品
主要製造地域 埼玉県本庄市
指定年月日 埼玉県知事指定 伝統的手工芸品

伝索会員に登録(無料)
登録するとお買い物が楽になる!
初めの方へ
  ■登録編
  ■購入編

買い物かご

0個の商品が入っています

カートの流れ