本場黄八丈/織物/東京都

 

生産事業所


概要

歴史
八丈島特産の草木を原料とした、黄・樺(茶)・黒の三色を用いて織り上げられる。
江戸時代の国学者、本居宣長が「八丈島の名前は、そこで織られている絹織物が由来に違いない」といった逸話がある。

工芸品名 本場黄八丈
よみがな ほんばきはちじょう
工芸品の分類 織物
主な製品 着物地、帯
主要製造地域 東京都八丈島八丈町
指定年月日 昭和52年10月14日(国)
昭和57年12月24日(都)

伝索会員に登録(無料)
登録するとお買い物が楽になる!
初めの方へ
  ■登録編
  ■購入編

買い物かご

0個の商品が入っています

カートの流れ