竹釣竿/竹工品/埼玉県

生産事業所


概要

歴史
江戸時代の天明年間に川口の羽鳥繁蔵が、布袋竹を使用して釣り竿を作ったことが始まりといわれる。その後、慶応年間になると、差込式継ぎ竿が作られるようになった。
付近で良質の布袋竹が多く自生していたこと、製品の質が良かったこと、江戸という大消費地が近かったことなどから、産地が形成されていった。

工芸品名 竹釣竿
よみがな たけつりざお
工芸品の分類 竹工品
主な製品 釣竿
主要製造地域 埼玉県川口市、鳩ヶ谷市
指定年月日 埼玉県知事指定 伝統的手工芸品

伝索会員に登録(無料)
登録するとお買い物が楽になる!
初めの方へ
  ■登録編
  ■購入編

買い物かご

0個の商品が入っています

カートの流れ