江戸和竿/竹工品/東京都

 

生産事業所


概要

歴史
江戸和竿は、いくつかの竹を継ぎ合わせて一本の竿にする「継ぎ竿」で、その発祥は江戸時代中期とみられ、江戸時代後期には泰地屋東作の出現と共に飛躍的な発展を遂げた。釣る魚や場所、釣る人の好みなどによって、それらの条件を満たすように製作される。

工芸品名 江戸和竿
よみがな えどわざお
工芸品の分類 竹工品
主な製品 釣竿
主要製造地域 東京都台東区、葛飾区、荒川区ほか
指定年月日 平成3年5月20日(国)
昭和59年11月1日(都)

伝索会員に登録(無料)
登録するとお買い物が楽になる!
初めの方へ
  ■登録編
  ■購入編

買い物かご

0個の商品が入っています

カートの流れ