小鳥籠/竹工品/千葉県

生産事業所


概要

歴史
県内産の孟宗竹を用いて、江戸時代から続く製作技術を駆使して作られる小鳥籠。
一つの小鳥籠には130本から150十本の竹ひごが使われており、製品の仕上げまで50工程以上にもなる作業を経て作られている。

工芸品名 小鳥籠
よみがな ことりかご
工芸品の分類 竹工品
主な製品 鳥籠
主要製造地域 千葉県夷隅郡御宿町
指定年月日

伝索会員に登録(無料)
登録するとお買い物が楽になる!
初めの方へ
  ■登録編
  ■購入編

買い物かご

0個の商品が入っています

カートの流れ