小田原漆器/漆器/神奈川県

生産事業所


概要

歴史
室町時代中期に箱根山系の豊富な木材を使用して作られていた器に、相模漆の産出を機に漆塗りが加わったものがはじまりとされる。その後、北条氏が漆器職人を城下に招いたことで小田原漆器は実用的な漆器として発展していった。

工芸品名 小田原漆器
よみがな おだわらしっき
工芸品の分類 漆器
主な製品 盆、皿、椀、茶托(ちゃたく)
主要製造地域 神奈川県小田原市
指定年月日 昭和59年5月31日(国)

伝索会員に登録(無料)
登録するとお買い物が楽になる!
初めの方へ
  ■登録編
  ■購入編

買い物かご

0個の商品が入っています

カートの流れ