武州正藍染/染色品/埼玉県

生産事業所


概要

歴史
羽生市や加須市付近にて、藍が栽培されるようになり、藍染が作られるようになったのは江戸時代後期ごろといわれており、明治時代に入ると最盛期を迎えた。
藍の葉を自然発酵させてとれる染料で染めており、洗うほどにその色合いが増してくる特徴がある。

工芸品名 武州正藍染
よみがな ぶしゅうしょうあいぞめ
工芸品の分類 染織品
主な製品
主要製造地域 埼玉県羽生市、加須市
指定年月日 埼玉県知事指定 伝統的手工芸品

伝索会員に登録(無料)
登録するとお買い物が楽になる!
初めの方へ
  ■登録編
  ■購入編

買い物かご

0個の商品が入っています

カートの流れ