箱根寄木細工/木工品/神奈川県

生産事業所


概要

歴史
江戸時代後期に箱根畑宿の石川仁兵衛が、箱根の豊富な木材を使用し、寄せ合わせて幾何学模様を作り出したものがはじまりといわれる。
その後、機械や加工方法の発達に伴い、その技法も発展し、より精密な寄木細工が作られるようになった。

工芸品名 箱根寄木細工
よみがな はこねよせぎざいく
工芸品の分類 木工品
主な製品 室内用品、食卓厨房用品、文庫、小箪笥、装身具
主要製造地域 神奈川県小田原市、足柄下郡箱根町
指定年月日 昭和59年5月31日(国)

伝索会員に登録(無料)
登録するとお買い物が楽になる!
初めの方へ
  ■登録編
  ■購入編

買い物かご

0個の商品が入っています

カートの流れ