江戸木彫刻/木工品/東京都

生産事業所


概要

歴史
その起源は仏教伝来にあるとされる木彫刻。江戸時代には建築彫刻が発達し、日光東照宮の陽明門などの名建築が生まれた。また、建築装飾を専業とする宮彫師も現れるようになったのもその頃である。

工芸品名 江戸木彫刻
よみがな えどもくちょうこく
工芸品の分類 木工品
主な製品
主要製造地域 東京都葛飾区、足立区、台東区ほか
指定年月日 昭和63年7月29日(都)

伝索会員に登録(無料)
登録するとお買い物が楽になる!
初めの方へ
  ■登録編
  ■購入編

買い物かご

0個の商品が入っています

カートの流れ