木象嵌/木工品/千葉県

生産事業所


概要

歴史
正倉院の宝物殿の中にもその技術が使われたものが見られる。材料である木材の多様な特徴を活かして木画を制作していく。木を「象(かたど)って」「嵌(は)める」ることからその名がついたとされる。

工芸品名 木象嵌
よみがな もくぞうがん
工芸品の分類 木工品
主な製品
主要製造地域 千葉県市川市
指定年月日

伝索会員に登録(無料)
登録するとお買い物が楽になる!
初めの方へ
  ■登録編
  ■購入編

買い物かご

0個の商品が入っています

カートの流れ