東京仏壇/仏壇・仏具/東京都

生産事業所


概要

歴史
江戸時代、幕府が仏教に対する保護と強化を進めたことなどにより、多くの寺院が建てられるようになった。そういった状況の中、江戸での仏壇作りが発展していった。
東京仏壇は、江戸の指物師が、比較的淡白で飾りの少ない仏壇を作りだしたのが始まりとされている。
唐木材を使ったシンプルな作りが東京仏壇の特徴。

工芸品名 東京仏壇
よみがな とうきょうぶつだん
工芸品の分類 仏壇・仏具
主な製品 仏壇
主要製造地域 東京都台東区、荒川区、足立区ほか
指定年月日 昭和57年12月24日(都)

伝索会員に登録(無料)
登録するとお買い物が楽になる!
初めの方へ
  ■登録編
  ■購入編

買い物かご

0個の商品が入っています

カートの流れ