東京籐工芸/その他植物製品/東京都

生産事業所


概要

歴史
籐(ラタン)とは東南アジアを中心に自生するヤシ科の植物で、「強さ」と「軽さ」を併せ持ち、竹よりも「巻く」「結ぶ」ことに適した素材といわれる。日本には遣唐使により伝えられたとされ、武具や日用品に使用されていた。

工芸品名 東京籐工芸
よみがな とうきょうとうこうげい
工芸品の分類 その他植物製品
主な製品 家具
主要製造地域 東京都足立区、台東区、豊島区ほか
指定年月日 昭和61年7月18日(都)

伝索会員に登録(無料)
登録するとお買い物が楽になる!
初めの方へ
  ■登録編
  ■購入編

買い物かご

0個の商品が入っています

カートの流れ