鬼瓦 武州磨き本瓦/その他工芸品/埼玉県

生産事業所


概要

歴史
日本の瓦は飛鳥時代に仏教と共に伝えられたとされ、その後、奈良時代に厄除け・家内安全の魔よけとして獣の面を施した鬼瓦が使用されだしたといわれている。
武州磨き本瓦は、深谷、児玉地区を中心に良質な粘土があったため、奈良時代には既に瓦造りが始まったとされ、優美で堅牢な高級瓦として、寺院・神社・高級建築などに使用されている。

工芸品名 鬼瓦 武州磨き本瓦
よみがな おにがわら ぶしゅうみがきほんがわら
工芸品の分類 その他工芸品
主な製品
主要製造地域 埼玉県深谷市、小川町
指定年月日 埼玉県知事指定 伝統的手工芸品

伝索会員に登録(無料)
登録するとお買い物が楽になる!
初めの方へ
  ■登録編
  ■購入編

買い物かご

0個の商品が入っています

カートの流れ