角凧・袖凧/その他工芸品/千葉県

生産事業所


概要

歴史
日本の伝統的な和凧は、竹の骨組みに和紙を張って作られる。長方形のものを「角凧」、袖が付いた形状のものは「袖凧」と呼ばれている。
上総地方には、誕生した男児の成長や出世を願い、初節句に凧を揚げる風習がある。

工芸品名 角凧・袖凧
よみがな かくたこ・そでたこ
工芸品の分類 その他工芸品
主な製品
主要製造地域 千葉県市原市
指定年月日

伝索会員に登録(無料)
登録するとお買い物が楽になる!
初めの方へ
  ■登録編
  ■購入編

買い物かご

0個の商品が入っています

カートの流れ