江戸硝子/その他工芸品/東京都

生産事業所


概要

歴史
江戸における硝子製造は、18世紀初頭に加賀屋久兵衛が鏡や眼鏡等を、上総屋留三郎が簪や風鈴等を製作したのがはじまりとされており、化学用・医療用ガラスを日本で始めて製造したことでも知られる。

工芸品名 江戸硝子
よみがな えどがらす
工芸品の分類 その他工芸品
主な製品 食器、酒器、花器、置物
主要製造地域 東京都墨田区、江東区、江戸川区ほか
指定年月日 平成14年1月25日(都)

伝索会員に登録(無料)
登録するとお買い物が楽になる!
初めの方へ
  ■登録編
  ■購入編

買い物かご

0個の商品が入っています

カートの流れ