江戸手描提灯/その他工芸品/東京都

生産事業所


概要

歴史
室町時代には提灯を使用していたとされ、一般に普及したのは江戸時代といわれている。その後分業化が進み、提灯製造業と提灯文字描き専門業とに分かれ、江戸では文字を描く提灯屋が多くあった。現在でも東京の提灯屋は文字を描くことを専門としている。

工芸品名 江戸手描提灯
よみがな えどてがきちょうちん
工芸品の分類 その他工芸品
主な製品 提灯
主要製造地域 東京都台東区、荒川区、墨田区ほか
指定年月日 平成19年12月19日(都)

伝索会員に登録(無料)
登録するとお買い物が楽になる!
初めの方へ
  ■登録編
  ■購入編

買い物かご

0個の商品が入っています

カートの流れ