東京手植ブラシ/その他工芸品/東京都

生産事業所


概要

歴史
日本のブラシは19世紀中ごろ、フランス製刷子を手本として製造され始める。その後、東京・大阪を中心にブラシ製造業が発展していき、大阪・和歌山では機械化による製造が盛んになっていったが、工業用ブラシ製造業者の多かった東京では、耐久性が高い手植えブラシが作られていた。

工芸品名 東京手植ブラシ
よみがな とうきょうてうえぶらし
工芸品の分類 その他工芸品
主な製品 洋服ブラシ、ヘアブラシ、ボディブラシ
主要製造地域 東京都台東区、墨田区、荒川区ほか
指定年月日 平成14年1月25日(都)

伝索会員に登録(無料)
登録するとお買い物が楽になる!
初めの方へ
  ■登録編
  ■購入編

買い物かご

0個の商品が入っています

カートの流れ