所沢人形(押絵羽子板)/その他工芸品/埼玉県

生産事業所


概要

歴史
江戸時代、江戸で押絵の技法を用いて装飾された羽子板が作られた。その後、人形作りが盛んであった所沢の雛職人が、押絵の技術を学び当地で羽子板作りが始まったとされ、埼玉県内では春日部市とならぶ生産地となった。

工芸品名 所沢人形 (押絵羽子板)
よみがな ところざわにんぎょう おしえはごいた
工芸品の分類 その他工芸品
主な製品 羽子板
主要製造地域 埼玉県所沢市
指定年月日 埼玉県知事指定 伝統的手工芸品

伝索会員に登録(無料)
登録するとお買い物が楽になる!
初めの方へ
  ■登録編
  ■購入編

買い物かご

0個の商品が入っています

カートの流れ