有限会社 浅田漆器工芸/山中漆器/漆器/石川県

詳細情報

伝統の山中漆器伝統の山中漆器
山中で使われる木は、国産の欅、栃、水目、桜、栓。
ろくろで挽かれた木地は美しい漆器となっていきます。
山中漆器の特徴はなんといっても木地とろくろにあります。
輪切りにした板から様々な寸法をとりカットして乾燥させ、 
鉋(かんな)とよばれる特殊な刃物で白木地を回転させながらくり抜く「ろくろ挽き」です。
千筋や糸目筋などの加飾挽きを施し、木地師のひとりひとりのこだわりが込められています。 

木の持つぬくもりを大切に素朴な味わいの中にも伝統に支えられてきた漆器を、
より身近な“器”として現代の生活にマッチするよう新しい形をとり入れています。
木へのこだわり、漆への思い入れを重ね、重ねながら塗器気軽に使っていただける漆器づくりを目指しております。
カジュアルでお手軽な価格の漆の形を、この山中で是非ご覧下さい。


うるし塗りの取扱いうるし塗りの取扱い
うるし塗りのものは傷つきやすいし、お手入れが大変、かぶれが心配…
だから扱いが面倒とそう思いこんでいませんか?
確かにうるしの原液を触ればかぶれます。
でも、塗って完全に固まったものなら大丈夫。
「使っては洗う」を繰り返すことで、乾燥の苦手なうるしにとって、
水分を補ってあげるのがなによりのメンテナンスなのです。
毎日使うことで味わいのある艶が出てきます。
レンジでチン♪や食器洗浄機で洗うのは木やうるしを痛めます。
永くお使い頂くために中性洗剤で水洗いをオススメします。
箱の中の漆器を外の世界に出してきて、あなたも漆器を育ててみませんか?


販売商品


        事業所関連画像

        木地(ロクロ挽)
        木地(ロクロ挽)
        木地は手の綾と音で挽く
        木地は手の綾と音で挽く
        下地を塗る作業
        下地を塗る作業
        湿気のある室(ムロ)に入れて乾かします
        湿気のある室(ムロ)に入れて乾かします


        漆塗
        漆塗
        漆を塗る作業
        漆を塗る作業
        漆を拭き取る作業
        漆を拭き取る作業
        室(ムロ)に入れて1~2日程乾かします
        室(ムロ)に入れて1~2日程乾かします



        基本情報

        商号 有限会社 浅田漆器工芸
        設立 1977 年
        住所 〒922-0139 石川県加賀市
        従業員数
        取り扱い品目 山中漆器
        メールアドレス

        伝索会員に登録(無料)
        登録するとお買い物が楽になる!
        初めの方へ
          ■登録編
          ■購入編

        買い物かご

        0個の商品が入っています

        カートの流れ