わじま塗りの津田/輪島塗/漆器/石川県

詳細情報

職人達が作る一生使える逸品職人達が作る一生使える逸品
輪島塗が出来るまでには、木地を削り出し、
下地・中塗・上塗と塗りを繰り返した後、
蒔絵や沈金・呂色などの加飾を施すという大変手間のかかる
これらの分業・工程を経て制作されています。
当店(津田)では、木地職人や塗師・加飾職人たちがそれぞれ培ってきた
技術の粋を集めて、手間をかけ作られた商品のみを
取り扱い販売しており、それ故に値段は決して安くはありません。
しかし、それが人の手に渡り、大切に使われ艶が出てきたときに本当の意味で
良い品になり、百年二百年と永く愛用できる高品質な漆器を取り揃えております。


伝統工芸士 津田 哲斎伝統工芸士 津田 哲斎
昭和四十三年    父哲夫(石川県知事より功労賞受賞)に師事して技術習得し家業に従事する
昭和六十二年一月 第十一回全国伝統的工芸品展において奨励賞受賞
平成元年        輪島漆器商工業協同組合監事となる
平成六年       日本伝統工芸士会 輪島市伝統工芸士会 会員となる
平成七年       第二十九回全国漆器展において日本商工業会議所会頭賞受賞
平成八年       輪島漆器商工業協同組合理事となる
平成八年       第三十回全国漆器展において商工組合中央金庫理事長賞受賞
平成十三年      第三十五回全国漆器展林野庁長官賞受賞
平成十八年      輪島市伝統工芸士会 会長  就任
平成十八年      東京都美術館に於いて新日本美術院優秀賞受賞
平成二十年      第四十三回全国漆器展伝統的工芸品産業振興協会 会長賞 受賞
平成二十年      第十一回日本伝統工芸士会作品展 会長賞 受賞
平成二十年      洞爺湖サミット出展 輪島塗実演
平成二十一年    第三十四回全国伝統的工芸品公募展 内閣総理大臣賞 受賞
平成二十二年    日本伝統工芸士会  常任幹事 就任
平成二十二年    日本伝統工芸士会漆部会 会長 就任
平成二十二年    石川県日本伝統工芸士会 会長 就任
平成二十二年    第十二回日本伝統工芸士会作品展審査員を務める


販売商品


        事業所関連画像

        沈金技法の作業風景
        沈金技法の作業風景
        呂色磨きの職人
        呂色磨きの職人
        蒔絵師の作業
        蒔絵師の作業
        輪島漆器 木地職人
        輪島漆器 木地職人


        輪島漆器 木地職人
        輪島漆器 木地職人



        基本情報

        商号 わじま塗りの津田
        設立
        住所 〒928-0073 石川県輪島市
        従業員数
        取り扱い品目 お椀、麺鉢、花器、お膳、飾り台、屏風、ワイングラス、ビアグラス等
        メールアドレス

        伝索会員に登録(無料)
        登録するとお買い物が楽になる!
        初めの方へ
          ■登録編
          ■購入編

        買い物かご

        0個の商品が入っています

        カートの流れ