東京手描き友禅 佐藤洋宣/東京手描友禅/染色品/東京都

詳細情報

東京手描き友禅東京手描き友禅
手描き友禅は開発されて400年あまりたちます。
その技法は、初期の頃にはすでに確立されていて、現在 とあまり変化は無いのだそうです。
しかし、描かれる内容は、その時代の文化を反映するような題材が描かれて 来たのでしょう。
昔の着物の写真集などを見ていますと、馬の鞍とか、お城とか、こんな図柄が身に纏うものに描かれる 
ことへの驚きと、それを注文した人物への興味が湧きます。佐藤洋宜さんは、友禅師のなかでは中堅の世代で、
今や 油が乗り、新作を精力的に発表しています。佐藤さんの作品の特徴は「遊び心」と言えるでしょう。
伝統と現代性それぞれの魅力を取り入れて楽しませてくれる。ですから 観るだけでも楽しめるのです。 


東京手描き友禅作家 佐藤洋宜東京手描き友禅作家 佐藤洋宜
1953年  山形県松山町 出身
75年  友禅職人 村井順三氏に入門
82年  独立
84年~現在まで 東京、仙台、大阪、広島でグループ<サシェ>よる グループ展
93年、96年 美人画家の父、故 佐藤公紀との二人展
03年~10年 土日画廊にて個展開催
03年  山形県松山町資料館にて、阿部信行氏と「ふるさとを染める」


販売商品


        基本情報

        商号 東京手描き友禅 佐藤洋宣
        設立
        住所 〒202-0011 東京都西東京市泉町
        従業員数
        取り扱い品目 東京手描友禅
        メールアドレス

        伝索会員に登録(無料)
        登録するとお買い物が楽になる!
        初めの方へ
          ■登録編
          ■購入編

        買い物かご

        0個の商品が入っています

        カートの流れ