柿沼人形/江戸木目込人形/人形/埼玉県

詳細情報

江戸木目込について江戸木目込について
木目込とは、衣裳のひだや布切れの境となる部分に細い溝を彫り込み、そこに布を「きめこむ」ことからそう呼ばれております。
その発祥は、約270年前の元文年間(1736~41)に京都で生まれた木目込人形で、その人形づくりの技法が江戸に伝わり「江戸木目込人形」が誕生しました。
現在は通産大臣認定の伝統工芸品の「江戸木目込人形」として東京・埼玉でつくられるものが有名です。 


職人の手が創り出す伝統と革新の融合職人の手が創り出す伝統と革新の融合
独創的で永く飾りたくなる伝統の逸品・・・こだわった生地の仕入れ、斬新な衣装・配色により作られた木目込人形を、見る人に喜び・感動を与えられるようひとつひとつ職人の手で丁寧に製作しています。
時代を見据え欲しいものを形にする伝統と革新の融合それが東光ブランドです。



事業所関連画像




基本情報

商号 柿沼人形
設立
住所 〒343-0857 埼玉県越谷市新越谷
従業員数
取り扱い品目 江戸木目込人形
メールアドレス

伝索会員に登録(無料)
登録するとお買い物が楽になる!
初めの方へ
  ■登録編
  ■購入編

買い物かご

0個の商品が入っています

カートの流れ