駒村清明堂//その他工芸品/茨城県

詳細情報

伝統的な杉線香づくりの技伝統的な杉線香づくりの技
 木が若いと、どうしても粘りが足りないので、樹齢50年以上の杉だけを使っています。筑波山周辺で伐採された杉の葉。
十分に乾燥させてから粉にします。杉に含まれるヤニが糊のかわりになるので、お湯で練っているうちに自然と固まってきます。
ただ、その練り加減が難しく、原料の質やその日の天気によって、粘りも香りも微妙に違ってきます。
私たちは杉本来の香りをただ引き出しているだけです。だからこそ、ごまかしが利きません。


かさま菊まつりの菊使用の百年の香りかさま菊まつりの菊使用の百年の香り
 100年以上の伝統がある笠間市の菊まつりで使用した菊を使った線香です。平成19年6月29日に施行された
「中小企業による地域産業資源を活用した事業活動の促進に関する法律(中小企業地域資源活用促進法)」
に基づいた地域産業資源活用事業計画で完成した商品で駒村清明堂さんと笠間市菊祭り100年の歴史と工夫と苦労が詰まった商品です。
上品な菊の香りで心が落ち着く商品となっております。



基本情報

商号 駒村清明堂
設立
住所 〒315-0155 茨城県石岡市小幡
従業員数
取り扱い品目
メールアドレス

伝索会員に登録(無料)
登録するとお買い物が楽になる!
初めの方へ
  ■登録編
  ■購入編

買い物かご

0個の商品が入っています

カートの流れ