民芸処 番匠/赤べこ/その他工芸品/福島県

詳細情報

赤べこの由来赤べこの由来
赤べこは今から1200年前(大同2年)ころ徳一大師が会津の地に
福満虚空蔵堂建立の時 聖材をはこび黙々と働いた赤毛の牛がお堂完成の日
 石化して守り神となったという伝説から。
その後会津地方に悪い病気が流行った時、赤べこを持っていた家族が疫病に
 かからなかったとのことでっ厄除け、縁起物のお守りとして用いられています。


手作り広場 番匠手作り広場 番匠
番匠は赤べこの製造元、赤べこは和紙を材料にした張子民芸品です。
和紙を赤べこの原型になる木型に張りそして型抜き張り合わせ、下塗り、赤塗り、
と毎日赤べこ職人がいろいろとその仕事をしておりいつでも作業風景を見ることができます。



事業所関連画像




基本情報

商号 民芸処 番匠
設立
住所 〒965-0811 福島県会津若松市和田
従業員数
取り扱い品目 赤べこ
メールアドレス

伝索会員に登録(無料)
登録するとお買い物が楽になる!
初めの方へ
  ■登録編
  ■購入編

買い物かご

0個の商品が入っています

カートの流れ