渡辺陶房/八戸焼/陶磁器/青森県

詳細情報

八戸焼とは八戸焼とは
八戸焼は、青森県八戸市を中心に生産される焼き物。
創始年代、創始者などは不明とされており、
正確にはいつ誰がどのように始めたのかはわかっていないが、
八戸市内の蟹沢山中で焼かれ江戸時代の末期までは庶民に親しまれていた焼き物だが
その後、次第に廃れていき完全に廃窯となってしまったとされている。


幻の焼き物幻の焼き物
文献もほとんど残っていないことから、
その存在は人々の記憶から消えていき昭和になったときには、幻の焼き物などとも呼ばれていた。
その八戸焼を再興したのが昭山窯渡辺陶房を開いた渡辺昭山さんだ。
文献もあまり残っていなかったが情報を集め研究し、1975年に窯を再興。現在は県の伝統工芸品に指定されている。



基本情報

商号 渡辺陶房
設立
住所 〒039-1108 青森県八戸市大字上野字上野平
従業員数
取り扱い品目 二本松萬古焼
メールアドレス

伝索会員に登録(無料)
登録するとお買い物が楽になる!
初めの方へ
  ■登録編
  ■購入編

買い物かご

0個の商品が入っています

カートの流れ