有限会社 井上窯/二本松萬古焼/陶磁器/福島県

詳細情報

二本松萬古焼とは二本松萬古焼とは
山下春吉により江戸時代末期の安政年間(1854~1860)に現在の福島県二本松市で始めたとされています。

春吉は、天明・寛政期(1781~1801)に二本松で、ふすべ焼を創始した山下惣介(3代目)の子にあたります。
異父兄である4代目惣介の雇い入れた職人に京都から来た三浦屋文助がおり、彼の製作した畳み急須が春吉に影響を与え、
二本松萬古製造の動機となったと伝えられています。
その後、春吉は二本松藩主丹羽家所蔵の初代森有節の作品を見る機会を得たことにより、
萬古製作に熱中し、成功するに至りました。手捻りの煎茶器、酒器類が焼かれ茶道などに興味を持つ二本松藩士の中にも、
萬古製作に携わる者たちが現れました。
さらに、明治に入ると失業士族の授産としての役割を担い、多くの人々が生産に携わるようになりました。
明治中頃から生産は次第に減少しつつ、昭和まで萬古焼製造は続き、戦時中は一時途絶え、
戦後復興が図られます。 そして現在、二本松萬古は井上窯に伝統が引き継がれています。
長く使ってこそ、その真価を発揮する焼物です。
どうぞご愛用下さいますよう、お願い申し上げます。


販売商品


        事業所関連画像




        基本情報

        商号 有限会社 井上窯
        設立
        住所 〒964-0003 福島県二本松市二伊滝
        従業員数
        取り扱い品目 二本松萬古焼
        メールアドレス

        伝索会員に登録(無料)
        登録するとお買い物が楽になる!
        初めの方へ
          ■登録編
          ■購入編

        買い物かご

        0個の商品が入っています

        カートの流れ