つつみのおひなっこや/堤人形/人形/宮城県

詳細情報

堤人形とは堤人形とは
1688年~1704年(江戸・元禄年間)ごろ,堤焼を母体として誕生したといわれる堤人形は,
京都の伏見人形とともに2大源流をなすもので,郷土土人形の最高峰とされています。
 江戸時代において絢爛たる発展を見せた浮世絵の作風を立体化したとも言えるもので,
文化・文政(1804~1830)の頃が最盛期と言われ,多くの人形師が優れた作品を残しています。
東北の玩具として知られている花巻,米沢,高田などの土人形は,
いずれも堤人形が指標となって派生,分布したものと考えられます。


つつみのおひなっこやつつみのおひなっこや
1688年~1704年(江戸・元禄年間)ごろ,堤焼を母体として誕生したといわれる堤人形は,
京都の伏見人形とともに2大源流をなすもので,郷土土人形の最高峰とされています。
 江戸時代において絢爛たる発展を見せた浮世絵の作風を立体化したとも言えるもので,
文化・文政(1804~1830)の頃が最盛期と言われ,多くの人形師が優れた作品を残しています。
東北の玩具として知られている花巻,米沢,高田などの土人形は,
いずれも堤人形が指標となって派生,分布したものと考えられます。


販売商品


        基本情報

        商号 つつみのおひなっこや
        設立
        住所 〒981-0912 宮城県仙台市青葉区堤町
        従業員数
        取り扱い品目
        メールアドレス

        伝索会員に登録(無料)
        登録するとお買い物が楽になる!
        初めの方へ
          ■登録編
          ■購入編

        買い物かご

        0個の商品が入っています

        カートの流れ